• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

増賀の解説 - 小学館 大辞泉

[917~1003]平安中期の天台宗の僧。橘恒平の子。比叡山で良源に顕密を学んで諸国を遊行。のち多武峰 (とうのみね) に入って修行。著「玄義鈔」。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉