• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(梵)Virūhakaの訳》四天王の一。須弥山 (しゅみせん) の中腹に住し、南方世界を守護する神。像は赤色で甲冑 (かっちゅう) をつけ、ふつう、右手に鉾 (ほこ) を持ち左手を腰に当てる姿に表す。増長天王。ぞうちょうてん。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉