• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

墨子兼愛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

中国戦国時代の墨子が、儒家の差別愛に対して唱えた博愛主義の考え方。▽「墨子」は戦国時代の思想家墨翟ぼくてき。兼愛・非戦・節倹などを主張した。「兼愛」は博愛の意。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん

墨子兼愛の解説 - 学研 四字熟語辞典

墨子という思想家が儒家の差別愛に対して唱えた博愛主義。
注記
「墨子」は、中国戦国時代の思想家。「兼愛」は、博愛主義の意。墨子はこのほか非戦・倹約などを説いた。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん・上

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。