• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

1882年(壬午の年)、朝鮮のソウルで起こった反日的クーデター。親日策をとる閔妃 (びんひ) 一派に反対して、大院君一派に率いられた兵士・民衆が閔妃一派要人や日本人を殺害し、日本公使館を襲撃した。日清両軍の派兵によって鎮圧。この結果、清の指導権は強まり、日本も済物浦 (さいもっぽ) 条約を結んで貿易上の権益を拡大した。壬午軍乱。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉