• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

キク科の多年草。高さ約1メートル。全体に白毛を密生し、葉は羽状に分裂。夏、淡黄緑色の花を総状につける。サントニンを含み、回虫駆除薬とする。ヨーロッパ原産で、日本では昭和5年(1930)ごろ京都の壬生で初めて栽培された。

[生物/植物名]カテゴリの言葉