• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 小袖袿 (うちき) などの裾 (すそ) をたくし上げ、腰のあたりを紐 (ひも) で結び留めてから折り下げること。→壺装束 (つぼそうぞく) 

  1. 歌舞伎の衣装の一。錦 (にしき) などで作った、広袖で丈長 (たけなが) の羽織状のもの。時代物の貴公子や高位の武人の常服に用いる。