• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 本膳 (ほんぜん) 料理に用いる、小さくて深い食器。

  1. ばくちの采 (さい) を入れて伏せるのに用いる器。壺。

  1. 見開いた大きな目。

    1. 「睨 (にら) む眼の―より、無念の涙はらはらはら」〈浄・双生隅田川〉