• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代から鎌倉時代にかけて、上・中流の女子が徒歩で外出または旅行する際の服装。小袖・単 (ひとえ) ・袿 (うちき) などを着重ね、歩行しやすいように裾 (すそ) を引き上げて身丈 (みたけ) に合わせ、ふところを腰帯で結んで、余りを腰に折り下げたもの。市女笠 (いちめがさ) をかぶることもある。腰の部分が広く、裾がつぼんでいる形からいう。つぼしょうぞく。