• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

国文法で、動詞の活用形式の一種。正格活用に対し、比較的不規則に語形変化するもの。口語でカ行(来る)・サ行(する)の2種、文語でカ行(来 (く) )・サ行(おはす)・ナ行(死ぬ去 (い) ぬ)・ラ行(あり居 (を) りはべりいまそかり)の4種がある。⇔正格活用