• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

原民喜の短編小説。昭和22年(1947)、雑誌「三田文学」6月号に発表。翌年、第1回水上滝太郎賞を受賞。自身の広島での被爆体験に基づく作品。続く「廃墟から」「壊滅の序曲」とあわせ、三部作をなす。