• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ミジンコワムシアリマキなどで、雌が春から夏にかけて単為生殖によって産む卵。ふつう雌が生じるところから、雌卵 (しらん) ともいう。

  1. 雌雄同体の扁形動物の一部種で、夏季の交尾器が発達していないときに自家受精で産む卵。卵黄の量が少なく、殻も薄い。急発卵。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉