夏目漱石の解説 - 小学館 大辞泉

[1867~1916]小説家・英文学者。江戸の生まれ。本名、金之助。英国留学後、教職を辞して朝日新聞の専属作家となった。自然主義に対立し、心理的手法で近代人の孤独やエゴイズムを追求、晩年は「則天去私」の境地を求めた。日本近代文学の代表的作家。小説「吾輩 (わがはい) は猫である」「坊っちゃん」「三四郎」「それから」「行人」「こころ」「道草」「明暗」など。
小宮豊隆によるの評伝。昭和13年(1938)刊行。

夏目漱石の解説 - SOCKETS人物データベース

近代日本文学を創った文豪。『吾輩は猫である』『こゝろ』などの作品で広く知られる、明治〜大正期の小説家、評論家、英文学者。1984〜2004年の千円札の人としても知られる。
出生地
武蔵国江戸牛込馬場下横町(現・東京都新宿区喜久井町)
生年月日
1867年2月9日 みずがめ座
没年月日
1916年12月9日(享年49歳)
別表記
愚陀仏 夏目金之助

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース