• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

夏虫疑氷の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

見聞が狭いことのたとえ。見聞の狭い人は広い世界を理解しえないたとえ。見識の狭い人が自分の知らないことを信じようとしないこと。冬を知らない夏の虫は、冬に氷というものがあるのを信じない意から。▽見識や見聞が狭い人を卑しめていう語。「氷」は「冰」とも書く。一般に「夏虫かちゅう、氷こおりを疑うたがう」と訓読を用いる。
出典
『荘子そうじ』秋水しゅうすい。「夏虫には以もって氷を語るべからずとは時に篤あつければなり」(夏の虫に氷のことを話しても無駄なのは、その虫が夏の暑い時期だけを厚く信じて縛られているからだ)
類語
坎井之蛙かんせいのあ 井蛙之見せいあのけん 尺沢之鯢せきたくのげい

[非難する/見識が狭い]カテゴリの四字熟語