[名]ゆうづきよ」に同じ。
[枕]
  1. がほの暗いことから、地名の「小倉 (をぐら) 」にかかる。

    1. 「―をぐらの山に鳴く鹿の」〈古今・秋下〉

  1. 夕月は夜中に沈み、暁は闇であることから、「暁闇 (あかときやみ) 」にかかる。

    1. 「―暁闇のおほほしく見し人故に恋ひ渡るかも」〈・三〇〇三〉

  1. 月が沈む意で、「いる」と同音・類音を含む地名「入佐 (いるさ) 」「入野 (いりの) 」にかかる。

    1. 「―いるさの山の木隠れに」〈千載・夏〉

出典:青空文庫