日没のころ、西の空が赤く見える現象。昼間よりも太陽光線が大気中を通過する距離が長いため、波長の短い青色光は途中で散乱して届かず、赤色光だけが届くことによる。 夏》「―に向って歩み入る如し/汀女

出典:青空文庫

出典:gooニュース