• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

夕方の色。夕ばえの色。

「南無阿弥陀心ぞいとどしづかなる松より西に藤の―」〈拾玉集・四〉