• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 手形などの代金を支払い期日前に支払うとき、その時から支払い期日までの利息を割り引いて計算すること。割引料と手取金の合計が手形の額面金額となる。真割引 (しんわりびき) 

  1. 外割の割引。125から25を引くことを、外2割5分引という類。