• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

量子力学に基づいた世界観の一つ。コペンハーゲン解釈の世界観を粒子の観測者にまで拡大し、観測とは無関係に、世界すべてがあらゆる状態の重ね合わせであるとする解釈。1950年に米国のエベレットが提唱。エベレットの多世界解釈。→パラレルワールド

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉