• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(フランス)Voyage au bout de la nuitセリーヌの処女小説。1932年刊。俗語や隠語を駆使した革新的な文体で賛否両論を巻き起こした。ルノード賞受賞。

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉