• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 夜吹く風。

  1. 《「明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」〈親鸞上人絵詞伝〉による》一夜で桜花を散らす嵐。気づかないうちに変化が起こるたとえ。