• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ユキノシタ科の落葉小低木。深山の古木などに着生する。葉は腎円形で縁にぎざぎざがあり、長い柄をもつ。4、5月ごろ5弁花が咲き、萼 (がく) が花びらより大きく、淡緑白色。実は緑色で丸く、腺毛が密生。天梅 (てんばい・てんのうめ) 。