• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形ク]《「よふかし」とも》夜がふけている。夜のけはいが濃い。深夜である。
  • 「節分違 (せちぶんたがへ) などして―・く帰る」〈・二九八〉