• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の実学啓蒙書。12巻。山片蟠桃 (やまがたばんとう) 著。文政3年(1820)成立。合理主義的立場から、地理的、社会的分業や自由経済の必要性などを説いたもの。