• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加藤幸子の小説。終戦前後の北京 (ペキン) で幼少期を過ごした日本人少女と、戦争で母親を亡くした中国人少年との心の交流を描く。昭和57年(1982)発表。同年、第88回芥川賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉