• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 夢中になって遊興する人を人名のようにいう語。

    1. 「色道二つに寝ても覚めても―と替名よばれて」〈浮・一代男・一〉

  1. よく眠る人、また、夢見ているようにぼんやりした人などを人名のようにいう語。

    1. 「酔うた人をかへさや花の雪おこし 昼からあたら春の―」〈大句数