1. 見た夢を語ること。また、その内容。夢話。夢語り。

  1. 夢のような、現実的でない話。夢語り。「結局夢物語に終わる」

江戸後期の評論。1巻。高野長英著。天保9年(1838)起稿。モリソン号事件に対する幕府の処置を、夢に託して批判した書。蛮社の獄の起因ともなった。戊戌 (ぼじゅつ) 夢物語。

出典:青空文庫