• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

樋口一葉の小説。明治27年(1894)発表。大みそかを背景に、女中奉公をしている薄幸の娘お峰の哀感を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉