• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド古代の仏教書。馬鳴 (めみょう) 作と伝えられるが疑問も多い。成立年未詳。漢訳は梁 (りょう) の真諦 (しんだい) 訳1巻、唐の実叉難陀 (じっしゃなんだ) 訳2巻がある。大乗仏教の中心思想を理論と実践の両面から説いたもの。起信論。