1. 成長して一人前になった人。

    1. ㋐一人前の年齢に達した人。「入場料大人200円、子供100円」⇔子供

    2. ㋑一人前の人間として、思慮分別があり、社会的な責任を負えること。また、その人。「大人としての自覚」「青臭いことを言ってないでもっと大人になれ」

    3. ㋒昔は、元服後の男子、裳着 (もぎ) を済ませた女子。

      「―になり給ひて後は、ありしやうに御簾 (みす) の内にも入れ給はず」〈・桐壺〉

  1. 一族・集団の長や、年配で、主だった人。長 (おさ) 。頭 (かしら) 。女房の頭、武家の譜代の老臣、大小名の家老宿老年寄などの類。

    1. 「父 (てて) は、ただ我を―にしすゑて」〈更級

    2. 「資賢卿 (すけかたのきゃう) はふるい人、―にておはしき」〈平家・二〉
[補説] 
2013年10月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンでの「大人」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆自分に非がなくても謝らなければいけない人のこと。
shizuka110さん

◆涙の意味は一つではないと知っている人。
カズンさん

◆「責任」という服を着せられた子供。
ゆうさん

◆宴会で頭にネクタイを巻ける人。
うらちんさん

◆我慢するときの言い訳に多用される傾向がある。「やめときます、―なんで…」
みゆの蔦さん

◆諦めることに慣れた人。
さくさん

◆夜更かししても怒られない人たちのこと。
Ikkyさん

◆何か大切なものを失い、どうでもいいことを身に付けてしまった人。
satoさん

◆昨日と違う風景に気づかなくなった者のこと。
lovethiefさん

◆経験の積み重ねでワクワクを失った者。また、未経験のドキドキを恐れて挑戦しない者。
永井条さん

◆誕生日が楽しみじゃなくなる人のこと。
ちささん

◆一人きりで泣くようになった人。
はるかさん

◆過去を笑える人。
きたのそらさん

◆守るべきものを手にした者。自分の立ち位置を理解している者。
豆大福さん

2014年1月17日放送「笑っていいとも!」の最優秀作品

◆1年365日を異常に早く感じてしまう人。
木下優樹菜さん

出典:gooニュース

出典:青空文庫