• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一定時間内あるいは一昼夜に、独吟で多くの句を詠むこと。井原西鶴の俳諧集名から出た語。→大句数

江戸前期の俳諧集。2冊。井原西鶴作。延宝5年(1677)成立。同年5月、大坂生玉 (いくたま) の本覚寺で一昼夜に独吟1600句を詠んだもの。西鶴俳諧大句数。