• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、幕府から火消し役を命じられた大名所管の消防団。江戸城や寛永寺増上寺など市内の要所の防火に当たり、衣装の美を競い、家名を惜しんで勇敢に働いた。→定 (じょう) 火消し町火消し

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉