• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大器小用の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大きな器を小さなことに用いるということから、大人物につまらない仕事をさせること。すぐれた才能の持ち主でありながら、低い地位にしか用いられないこと。人材の用い方が当を得ていないことのたとえ。▽「大器」は大きな器量。また、偉大な人物のこと。
出典
『後漢書ごかんじょ』辺譲伝へんじょうでん
句例
大器小用に不満の声が上がる
類語
驥服塩車きふくえんしゃ 大才小用たいさいしょうよう 大材小用たいざいしょうよう
対義語
適材適所てきざいてきしょ

大器小用の解説 - 学研 四字辞典熟語

才能ある人物につまらない仕事をさせること。人材を使いこなせないことのたとえ。
注記
「大器」は、大きな器量の持ち主、大人物。「小用」は、ちょっとした用事。
出典
『後漢書ごかんじょ』辺譲へんじょう
類語
大材小用たいざいしょうよう
対義語
適材適所てきざいてきしょ 量才録用りょうさいろくよう

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[人材活用]の四字熟語