• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おおしょうや」とも》江戸時代、地方行政を担当した村役人の一。代官または郡奉行の下で数村から数十村の庄屋を支配して、法規の伝達、年貢割り当て、訴訟の調停などを行った。大肝煎 (おおぎもいり) 。大総代。検断。割元 (わりもと) 。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉