• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「老子」45章から》人の心を動かすようなすぐれた弁舌家は、余計なことを言わないから、かえって口べたのようにみえる。