1. 大酒飲み。上戸 (じょうご) 。

    1. 「盃上に置いて曰く、郎―と雖 (いえど) も鯨口に非ず」〈服部誠一・東京新繁昌記〉

  1. 律令制で、大戸・上戸・中戸・下戸の四等戸の第一。一戸内に八人以上の正丁がいる戸。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫