• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明治末、出口ナオを教祖として出口王仁三郎 (でくちおにさぶろう) が組織した神道系の新宗教。ナオの「筆先」による艮 (うしとら) の金神 (こんじん) の世直しを唱えて、「みろくの世」(神の国)の到来を説いた。大正10年(1921)・昭和10年(1935)の二度の弾圧を受けた。第二次大戦後、愛善苑として再出発したが、正式名称は大本。京都府亀岡市に本部を置く。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉