大村益次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1825~1869]幕末の兵法家。周防 (すおう) の人。初め村田蔵六と名乗った。戊辰 (ぼしん) 戦争にすぐれた軍事指揮を執った。日本の兵制の近代化に尽力したが、反対派浪士に襲われて死亡。

大村益次郎の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
周防国吉敷郡鋳銭司村字大村(現・山口県山口市鋳銭司)
生年月日
1824年5月30日 ふたご座
没年月日
1869年12月7日(享年45歳)
別表記
村田良庵 村田蔵六