[名・形動]
  1. 物事の全部ではないが、その大部分。ほとんど。だいたい。たいてい。副詞的にも用いる。「―の人は知らない」「漱石の作品は―読んだ」「朝食は―パンだ」

  1. 物事のおおよその内容。あらまし。概略。大要。「計画の―を説明する」

  1. 物事の程度などがありふれていること。また、そのさま。たいてい。「―な(の)ことには驚かない」

  1. 物事の程度があまり極端にならないこと。ある程度でやめておくこと。また、そのさま。ほどほど。「―な(の)ところで切り上げなさい」「いたずらも―にしろ」

[副]
  1. かなりの程度に達するさま。いいかげん。「―嫌になる」

  1. 推測がかなり確かなさま。たぶん。おそらく。「これだけ言っておけば―大丈夫だろう」

出典:青空文庫