大正初期、名古屋の森田伍郎が考案した弦楽器。長さ約60センチ、幅約15センチの木製の胴に金属弦2本を張り、音階を表示した丸い鍵 (けん) をつけたもの。左指で鍵を押さえ、右手の義甲で弾く。その後、3~9弦のものが作られ、現在は5弦が多用されている。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉

出典:青空文庫