[名]天体の表面を取り巻いている気体の層。普通は地球の空気をさし、地上1000キロまで存在して太陽の強烈な紫外線X線を遮るとともに保温の役割などを果たす。その95パーセントは地上20キロ以下にあって、上層ほど希薄。
[形動][文][ナリ]心が広く、こせこせしないさま。
    1. 「―な人で…札 (さつ) を撒いて歩いたという話を」〈秋声

[補説]作品名別項。→大気

《原題、(イタリア)L'Ariaアルチンボルドの絵画。「四大元素」と総称される寄せ絵の連作の一。1566年制作。原画は失われ、現存する作品は画家本人または他の画家による複製と考えられている。現存の作品は制作年不明。カンバスに油彩。孔雀 (くじゃく) や鷲 (わし) など、さまざまな鳥で構成される。個人蔵。

出典:gooニュース

出典:青空文庫