• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、陰暦4、5月に京都三十三間堂などで行われた通し矢の競技。日暮れから翌日の暮れまでの一昼夜に数千本から一万数千本を射つづけて、その数の多さを誇った。 夏》「―弓師親子もまゐりたる/蕪村

[補説]書名別項。→大矢数

江戸前期の俳諧集。5冊。井原西鶴著。延宝8年(1680)に大坂の生玉 (いくたま) 社で、京都三十三間堂の大矢数にならって1日に四千句の独吟を成し遂げ、翌年出版したもの。西鶴大矢数。