毎年、6月と12月のみそかに、諸人の罪やけがれをはらい清めるため、宮中や神社で行われる神事。6月を夏越 (なごし) の祓 (はらえ) ・夏祓、12月を年越しの祓という。古くは、朱雀門 (すざくもん) 前で、親王・大臣をはじめ百官を集めて行われ、大嘗祭 (だいじょうさい) や疫病流行などのときには臨時に行われた。中臣 (なかとみ) の祓。おおはらい。 夏・冬》

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[夏/行事]の季語

[冬/行事]の季語

出典:gooニュース