• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
幸若舞曲。室町後期成立。作者未詳。藤原鎌足が、八大竜王に奪われた宝珠を海士 (あま) を使って取り返すという玉取り伝説に取材したもの。
(大職冠)浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。正徳元年(1711)大坂竹本座初演。などをもとに、藤原鎌足の蘇我入鹿 (そがのいるか) 討伐に玉取り伝説を配して脚色したもの。→たいしょっかん(大織冠)

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉