• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

「賢愚経」の写経の断簡。奈良時代の書写で、字が大きくて聖武天皇宸筆 (しんぴつ) と伝えられるところから、この名でよばれる。古筆手鑑 (てかがみ) に尊重された。