律令制で、大舎人寮に属し、宮中で宿直・警護、その他の雑事に従事した下級の役人。おおとね。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉