• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

義太夫節で、最も感動的な場面で用いる長い曲節。主音を繰り返し、登場人物が泣きくずれる場面などを盛り上げる。