• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 宮中で、礼服 (らいふく) 着用の際、小袖の上に着た表衣 (うわぎ) 。袖口が広く、たもとが長い。

  1. 中世の鎧 (よろい) 付属の袖。幅が広く大きく、鎧の肩から垂らして、盾の代用となる。大袖の鎧。

  1. 幅広く仕立てた袖。広袖。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉