• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大逆無道の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

道理や人の道を甚だしく踏みはずした行為。罪悪の甚だしいこと。後に、君主や親を殺すことをいう。▽「大逆」は主君や親を殺すなど、人道に背く行為。「無道」は人道に背くひどい行いの意。「大」は「だい」、「無道」は「ぶどう」「ぶとう」とも読む。
出典
『史記しき』高祖紀こうそき
句例
大逆無道の振る舞い
用例
慶喜公や会津桑名のみが大逆無道の汚名を負わせられるのは何の事か。<島崎藤村・夜明け前>
類語
悪逆非道あくぎゃくひどう 悪逆無道あくぎゃくむどう 極悪非道ごくあくひどう 大逆不道たいぎゃくふどう

大逆無道の解説 - 学研 四字辞典熟語

人の道を大きく踏みはずした行為。特に親や君主を殺すこと。
注記
「大逆」は「だいぎゃく」、「無道」は「ぶどう」「ぶとう」とも読む。
出典
『史記しき』高祖こうそ
用例
その罪は憎むべき大逆無道にも相当する。それでも極刑に処せられなかった。〈島崎藤村・夜明け前〉
類語
悪逆無道あくぎゃくむどう 極悪非道ごくあくひどう 残酷非道ざんこくひどう 暴虐非道ぼうぎゃくひどう

大逆無道の解説 - 小学館 大辞泉

はなはだしく人の道に背き、道理を無視すること。また、その行為。

キーワード[悪]の四字熟語

キーワード[残酷]の四字熟語

キーワード[そむく]の四字熟語