• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 天上界にある、越えてはならない境界線。天の川のこと。

    1. 「ひさかたの―と水無 (みなし) 川へだてておきし神代し恨めし」〈・二〇〇七〉

  1. (「天つ璽」と書く)天つ神の子であることを示す品。皇位のしるし。

    1. 「長髄彦 (ながすねひこ) 、その―を見て、ますますおそれかしこまることを」〈神武紀〉