• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 天女。

    1. 「富士のねの風にただよふ白雲を―が袖かとぞ見る」〈夫木・三五〉

  1. 五節 (ごせち) の舞姫

    1. 「豊の明り―の袖までも代々の跡をば返してぞみん」〈新葉・冬〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉